東京都23区の有料老人ホームの料金相場を分析【その3】

前回に引き続きLIFULL介護に掲載されている東京23区の有料老人ホームの分析。今回は同じ23区内でも地域によって初期費用、月額の相場が違うのではと思い地域ごとの分析をしてみました。(2018年10月現在のLIFULL介護の情報を元にしています)

円グラフの色分けが見分けづらいですが、各パイをタッチ(クリック)すると詳細が見られます。

東京23区内の各地域の初期費用の違い

東京23区全体。初期費用0〜100万未満(青、赤)で約35%、1000万以上(緑)45%。

中野区、板橋区、練馬区。23区全体と初期費用0〜100万未満で約35%は変わりませんが、初期費用0円の割合が若干増えますね。1000万以上の割合も若干減ってます。検索結果の施設数は121件。

足立区、葛飾区、江戸川区。マンションの家賃も23区内で安い地域で、同じ23区内でもだいぶ違う。初期費用0〜100万未満が50%超え。1000万以上の割合もぐっと減りますね。検索結果の施設数は90件。

千代田区、中央区、港区。多くは語りません・・・予想はしてましたが(笑)そもそも施設数も少ないですね。12施設しか検索結果に出てきませんでした。

東京23区内の各地域の月額の違い

次は月額を比較。

東京23区全体。年金で払えそうな10万以上〜30万未満(青、赤、オレンジ、緑)の範囲で37%ほど。50万以上が31%以上もあります。

中野区、板橋区、練馬区。23区全体と比べると10万〜30万未満の範囲がやや増えますね。それでも合わせて44%ほど。年金で支払える範囲はこれくらいのはずだから、本来は半分以上ないと厳しい気がしますけど・・・

足立区、葛飾区、江戸川区。10万〜30万未満の範囲がぐっと増えて70%近く。25万未満でも55%ほどで半分以上を占めますね。現実的な金額で施設に入ることも考えられそうです。

千代田区、中央区、港区。50万以上が58%・・・初期費用含めてお金持ちしか施設に入るのは無理ですね。

結論として同じ東京23区内でも家賃が安い足立区、葛飾区、江戸川区は初期費用、月額も低くなるようです。あくまでLIFULL介護で掲載されている情報を元にしているので、実際の施設全部を対象としているわけではないのですが、それでもこの分析と大きな開きはないのではないでしょうか。

親に介護が必要になり施設に入れようと思ったけど、自分の住んでいる地域では金銭的に入れる施設がない。そういう場合は他の地域も当たってみるのも良いでしょうね。23区外も含めて。ということで次回は23区内に通勤圏内の地域についても調べてみたいと思います。

つづく