仮想通貨の積立投資をシミュレーションするアプリ

アプリで仮想通貨の積立投資をシミュレーションする

仮想通貨積立計算アプリは毎月定額で指定した期間投資した時の仮想通貨取得金額や損益などをシミュレーションします。このアプリのチャートの毎月の仮想通貨の価格は、その月の高値に近い価格になっています。特定の取引所での価格を指すものではありません。

仮想通貨積立投資計算アプリのダウンロード(iPhoneアプリ)

このアプリが対応している仮想通貨は、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアムの通貨)、MONA(モナコイン)、XEM(NEMの通貨)になります。とりあえずBTCで試してみましょう。

ビットコインの毎月定額積立シミュレーション

毎月の投資金額を1万円にして、このアプリで指定できる範囲の2014年4月から2018年3月まで48ヶ月間の投資をシミュレーションします。(青い縦線を左右に動かすと投資期間を変更できます)

このアプリのシミュレーションでは、資金金額は48万円(1万x48ヶ月)で、8.9BTC取得し、1BTCあたりの平均取得単価は5万円ほど、利益は1000万円ほどになります。かなりの利益です。税金で半額取られても500万円ですから、投資資金が10倍以上になったことになります。

投資期間最後の2018年3月は2017年12月の240万円から半額近い124万円に下げていますが、投資開始の2014年4月から2016年12月まで10万以下で推移していた期間の積立が効いており、平均取得単価が5万円ほどに抑えられています。

今見れば2014年4月から2016年12月までの上げ下げは数万程度の微々たるもののように見えますが、当時は上がった下がったで一喜一憂し売買していた人も多かったはずです。殆どの人は数年で100万、200万になるとは思っていなかったでしょう。もしわかっていれば、みなホールドし続けたはずです。

青い棒線を動かし投資期間終了を2018年12月の240万円にしてみましょう。この時の利益は2100万円にもなります。

とはいえ、ここが高値で売り時かどうかの判断はなかなかつかないものですし、まだ上がると一括で買ってしまった人もいるでしょう。値動きが激しい仮想通貨は買うタイミングが難しく、一括投資は短期間で大損してしまうリスクがあります。

仮想通貨で積立投資は有効か

一般的に積立投資は10年以上の長期投資で効果を発揮するものです。毎月同じ金額を投資することで、安い時に多く、高い時に少なく買い、投資期間中の平均価格に取得単価を近づけながら口数を増やしていく。そして、たくさん買い集めることで、平均取得単価からわずかな上げでも大きな利益が出せるようになります。

仮想通貨でも毎月定額の積立投資で取得単価を平均化できます。そして、10年といかずとも3〜5年ほどで大きな利益を出せるかも知れません。値動きが激しいということは一括投資で高値づかみするリスクもあれば、短期の積立投資で大きな利益を得る可能性もあるということです。

先程のアプリを使った例もそれを示しています。たった月1万円を48ヶ月積み立てることで1000万の利益(半分税金で取られても500万)が出せる投資対象はそうそうありません。

今後、ビットコインおよびその他の仮想通貨が、上がるのか下がるのか、もしくは価値を失うかはわかりません。しかし、もし価格が上下しながらも価値を持ち続けるなら、毎月無理のない積立投資を数年続けることで、大きな利益を出せるかも知れません。

とはいえ、仮想通貨は最悪、価値がなくなるリスクも考慮して、自己責任で投資するべきでしょう。また、取引所で買った通貨は定期的に自分のウォレットに移し、秘密鍵やパスワードなどをきちんと管理する必要があります。

繰り返しますが、このアプリのシミュレーション結果はあくまでシミュレーションであり、本記事およびアプリを参考にした投資結果について、当方は一切の責任を老いかねることをご了承ください。

仮想通貨積立投資計算アプリのダウンロード(iPhoneアプリ)

仮想通貨投資はZaifのコイン積立だけで十分だと思う理由